空見ロッジ
こんな空の日は 天窓を開けて 冷たい森の 独り言を聴こう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


魚民

「Anything For You」の「白馬に乗った英雄」の言葉遊びにようやく気付いた矢先(テレビCM見てなかったので)、早くも新曲のPVが公開されました。

Water Me


なんかもう、見事なドラマ主題歌。相変わらず隙のない仕事ぶり。どちらかといえばこだわり職人肌のイメージとは裏腹に本当に器用な人だなあとつくづく思う。最近の「Love is Bubble」以降のシングル4曲に共通しているのは、「その局面ごとに求められる楽曲をまさにそのリクエスト通りに仕上げる能力」が際立っている点なのだが、その一方で、10年かけて築いた彼女自身の確固としたスタイルがそれらを彼女以外の人でも歌えるような流行り一辺倒の曲にさせないでいる。…なんて言い方をするとすごく仰々しくて痛いのだけど、要はどんなに売れてもBONNIE PINKらしさは健在ってことで。だから今回もどんどん売れるといいです。というか早く買いたい。「MAGICAL MYSTERY TOUR」聴きたい。


B000OZ2GO4Water Me
BONNIE PINK

ワーナーミュージック・ジャパン 2007-06-06
売り上げランキング : 1923

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あと下の記事のトラバがなんか面白いことになってる件。これからも記事名は適当に。



スポンサーサイト
雨上がり太陽光
Anything For You (初回限定盤)(DVD付)Anything For You (初回限定盤)(DVD付)
BONNIE PINK m-flo loves BONNIE PINK m-flo

ワーナーミュージック・ジャパン 2007-03-28
売り上げランキング : 131
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「A Perfect Sky」以来、コラボ除けば実に9ヶ月ぶりの新曲。そんなに経ちますか。

いかにもCM即戦力、といった感じの派手目のアレンジや一発で覚えられるメロディなど、今回もヒットシングルを強く意識した曲作りは変わらず。売れ線BONNIE大歓迎。でもカップリングがないのはちょっと残念だったけど。あのリミックスだけじゃさすがに寂しい。

ただやはり今回の大目玉は初回限定DVDに尽きるかと。実質新曲1曲のシングルにライブ映像8曲付きって何事か。大盤振る舞い過ぎ。しかも何気に以前出た『Golden Tears』より数段画質が良かったりするように見えるのは気のせいか。沖縄の夕暮れ空がとにかく綺麗で、それだけでもすごく得した気分。珍しくアコースティックな「Souldiers」といい、最後の「Evil And Flowers」弾き語りといい、なんとなくしっとり落ち着いた雰囲気のライブ風景が最近では逆に新鮮かもと思ったりします。

限定といいつつまだ在庫ある気配なので未見の方は今のうちに。1000円ちょっとでこんな贅沢なDVDが手に入る幸せ。



[READ MORE...]
ボニ白

今年はなんとか早めに帰って久しぶりに紅白見ようと思います。

だって

「長崎は今日も雨だった」
「A Perfect Sky」
「ふるさと」
「夫婦善哉」
「おふくろさん」

こんなカオスな並びでこの曲聴けるの絶対最初で最後だし。

それではよいお年を。



最強入門盤。
HIGH TIMES : SINGLES 1992-2006(初回生産限定盤)(DVD付)
HIGH TIMES : SINGLES 1992-2006(初回生産限定盤)(DVD付)ジャミロクワイ

ソニーミュージックエンタテインメント 2006-11-08
売り上げランキング : 4
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

輸入盤PV集はリージョンフリーらしいとかAmazonで買うとリージョン1だとかいまいち不安な点が多いのでひとまず国内限定盤を購入。そしてひとまず大満足。例え13曲しか入ってなくてもCD込みでこの値段は安い安い。「Too Young To Die」「Emergency On Planet Earth」の冒頭二曲はさすがに時代を感じさせるものの(映像はともかく音質が)、「Space Cowboy」のせわしないJKダンスや「Virtual Insanity」の不思議空間っぷりを高画質でじっくり満喫できるのはやっぱり嬉しい。そして「Little L」のかっこ良さに改めて脱帽。曲だけ聴くと地味なのに映像一つでここまで化けてしまう完成度の高さは神PV「Canned Heat」と並ぶ今回のハイライト。新曲「Runaway」もこれだけの為に国内盤買っといて正解、と思わせるほどの出来。あの爽快感はYouTubeの音質では決して味わえない。

CDは容量の都合上かなり編集されている(どの曲も微妙に尺が短い)のでオリジナルの感覚で聴くと違和感あるかも。裏を返せばサクサク美味しいとこだけ楽しめるのでBGMには最適。これから聴く人ならほぼ問題ないはず。

あとはやっぱり「King For A Day」がどうしても観たいところ。「Deeper Underground」いらないから。結局この為に輸入盤も普通に買ってしまいそうな予感。




[READ MORE...]
ちかぼんぼん

m-floとの新曲が11/8発売、との事で。PVがとても綺麗なので早速見ときましょう。

曲調的にも明らかにX'masを見据えてるぽい雰囲気。もうそんな時期か。

VERBALがなんかタキシード仮面みたくなってるのはスルーの方向で。



[READ MORE...]
続報待ち。
HIGH TIMES : SINGLES 1992-2006(初回生産限定盤)(DVD付)
HIGH TIMES : SINGLES 1992-2006(初回生産限定盤)(DVD付)ジャミロクワイ

ソニーミュージックエンタテインメント 2006-11-08
売り上げランキング : 4
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Jamiroquaiのベストが出る。

もちろん目当てはPV13曲入り初回限定DVDなんだけど、本国ではそれとは別にコンプリートPV集が単独で出るらしく、なかなか悩ましいところ。国内盤出るとは限らないし、輸入盤買っても見れる保証ないし。せめて「King For A Day」が今回の限定盤に入ってれば最高だったのに…と贅沢すぎることを言ってみたり。

ひとまず予約しました。



[READ MORE...]
BONNIE PINK Tour 2006 "Under The Perfect Sky"

今年も楽しく踊ってまいりました。ネタバレにつき未見の方はご注意。

パンフはなかなかいい感じなので、いつも迷う人は今回は買っておくが吉。



[READ MORE...]
do it!
Get out!feat.BONNIE PINK&VERBAL/Red Hot Shoes feat.BONNIE PINK
Get out!feat.BONNIE PINK&VERBAL/Red Hot Shoes feat.BONNIE PINKDJ HASEBE BONNIE PINK VERBAL
ワーナーミュージック・ジャパン 2002-01-23
売り上げランキング : 40653
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

11月にm-flowの新曲に参加決定とのことで、こちらは2002年にリリースされた同じm-flowのVERBALとのちょっと珍しいコラボレーション。DJ HASEBE名義。

なんか三人が三人ともきびきびといい仕事してるって感じで、普段HIPHOPを聴かない人にもおすすめの一曲になってます。気がつけば「Get Out!」のあたりから自然と体が動いてしまうはず。

わりといつも通りのスタイルでそっち系のノリに馴染んじゃってるBONNIEもなんだか新鮮で、いろんな意味で中毒性高し。現在YouTubeでPVが見られるので未見の方は下のリンクからどうぞ。

ていうか普通に歌って踊ってるだけでこんなに様になる人も珍しい。

[READ MORE...]

決定盤。
Every Single Day -Complete BONNIE PINK (1995-2006)-
Every Single Day -Complete BONNIE PINK (1995-2006)-BONNIE PINK
ワーナーミュージック・ジャパン 2006-07-26
売り上げランキング : 21
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あっという間に今年はBONNIE PINKの年になってしまった。

気がつけば巷では毎日のように「A Perfect Sky」が流れていて、この頃はTVでも当たり前に彼女の姿を見るようになった。もともと、『Heaven's Kitchen』以降は「決して派手さはないが、時代の波に左右されずに着実な進化を続けているアーティスト」的な表現をされることが多かった彼女だが、今年に限っては、もうそんな控えめな誉め言葉はいらないだろう。明らかに今のBONNIEには時代の波に乗った者の勢いがあるし、そして何より派手だ。

こんな風に書くと、人気は出てほしいが売れすぎるのは複雑、という、いわゆる「昔からのファン」にお決まりのよくある抵抗感のように見えてしまうかもしれないけど、むしろ全く逆で、私は今のこの状況をとても好ましく思うし、普通に嬉しくてしょうがない。だって、これからはもう人前でBONNIE PINKの話題を出す時に、わざわざ「Heaven's Kitchen」まで遡る必要もないのだし(「ほら、今流れてるこの曲」で済んでしまうこの簡単さ!)、彼女の出演するTV番組をうっかり録画予約し忘れてしまった時でも、周りの友人知人に気軽に頼ることができるのだから(その際、彼らがBSやCSに加入しているか否かは何の問題にもならないのだ)。唯一の弊害といえば、これで確実に、今まで以上にライブチケットが入手し辛くなったことだろうか!

…途中からなぜかエセ洋楽レビュー風になってしまった気がするけど、とにかくデビュー以来のファンの一人としては、この突然降って沸いた「BONNIE現象」はまさに願ったり叶ったりな出来事だし、こういったベスト盤でまた彼女の知名度が一気に上がるのも素直に大歓迎だったりする。

内容的には何しろシングル全集なので選曲はオーソドックスそのもの。ただしカップリング曲未聴の方にはそれだけで買う価値あり。特にdisc1は「泡になった」「かなわないこと」(この二曲は順番逆でも良かった)や「The Last Thing I Can Do」などの名曲達がようやく陽の目を見ていて思わず感動。また個人的に全曲中ベスト3に入る「犬と月」や、いかにも初期の曲らしく肩に力入りまくり、といった感じの異色曲「Suprise!」が再びアルバムで聴けるのも感慨深い(あとは「たとえばの話」が入っていればなお言うことなしだが)。それにしてもやっぱり「Do you crush?」はどの流れで聴いてもちゃんと盛り上がる*1。さすが看板ソング。

そしてdisc2はさらに隙なしというか、改めて脱タンバリン以降の完成度の高さに驚かされる。特にラスト五曲はもう黙って力ずくで持っていかれるしかない磐石の流れ。というかよくぞここで「Souldiers」を入れてくれた、と言いたい。全盛期のDo As Infinityを彷彿とさせるような*2このどマイナーな超名曲をこんな勝負所に持ってきた構成にひたすら拍手。そしてここにあってもやはり「LOVE IS BUBBLE」と「A Perfect Sky」はさすがに別格。結局他の曲が全部このダブル新曲の壮大なカップリングだったんじゃないかと思わせるほどの*3圧倒的な存在感。でも、それでも最後はあくまで「Last Kiss」というこの絶妙なバランス感覚がまたたまらない。

欲を言えば、「BLACKBIRD」や「Under the Sun」などまだまだ入れてほしかった曲はたくさんあるが、この充実ぶりを考えればベスト盤としての完成度は文句なし*4。BONNIE入門者はもちろん、シングルアルバム全部持ってる方も改めて彼女の歴史に浸ってみるとよいのでは。

-----

*1 無論、ライブでも。
*2 「深い森」「遠くまで」で鳥肌が立つ方は必聴。
*3 意外とそれほどオーバーでもない表現。
*4 もちろん限定盤DVDが今作最大の魅力であることは疑いないのだけど、あくまで映像はボーナス。これから買う方も通常盤で十分におつりが来ます。


完璧ソング。
A Perfect SkyA Perfect Sky
BONNIE PINK


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

以前、何かの雑誌のインタビューで、いわゆる「売れ線」狙いのキャッチーな曲ならいつでも書こうと思えば書ける、という趣旨の発言を目にした記憶があるのだが、今回のBONNIE PINKの新曲はまさにそれを実証していると思う。誰がどう聞いても資生堂のCM用以外の何物でもないフレーズ。夏、美白、ANESSA、エビちゃん。これらのキーワードがCMを見るまでもなくすらすらと浮かんでくる、どこまでも分かりやすいイメージ喚起力。そしてある意味曲以上に秀逸なのが歌詞。

君の胸で泣かない
君に胸焦がさない
I'm looking for a perfect sky
I'm looking for a perfect sky

一番耳に残るフレーズにこの詞を当てるバランス感覚。「男にべったり依存しない、あくまで凛としたカッコイイ女の恋愛」像を、これまた分かりやすい言葉で鮮やかに印象付ける。加えて、この手の歌詞にありがちな「強がって見せているけどほんとは寂しいの」的昭和ラブソングの匂いを「a perfect sky」というリベラルな横文字でさっと拭い去る手際の良さ。それでいて最後はちゃんと「あなたと見たい完璧な空を」で可愛く締めるのだから本当に始末に終えない。一体どこまでOL心を鷲掴む気か*1。「Last Kiss」とはまた別の意味で、ここまで狙い切った曲は初めてだと思う。

にもかかわらず、CM見て着うたも落として今度はいざカラオケのレパートリーにしようと一から聞いてみると、サビを外れた途端いつものBONNIE節が始まっていきなり歌い辛くなる*2のもまた最高。

頑なに己のスタイルを貫きつつ、必要とあらば「売れ線」スキルも存分に使いこなす、そんな彼女の才能が、私は大好きだ。

ついでに言うなら、せっかくのエロカッコイイ「売れ線」衣装*3をあえてわざわざジャケット裏に仕込むその奥ゆかしさも大好きだ。

BONNIE PINK official website

-----

*1 いや別にOLじゃないのであくまで想像なんですが。
*2 かつて「Heaven's Kitchen」で同様に痛い目を見た人多数。
*3 そういえばMステでも同じの着てた。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。